お好み焼きチェーン「千房」フランチャイズ契約の流れ

お好み焼き「千房」のチェーン展開

大阪から全国に店舗を広げているお好み焼きチェーンの千房の店舗展開は、フランチャイズ加盟店だけでなく直営店もあり、その割合は大体半々くらいとなっています。

かつては商業ビルや駅ビルなどのテナントに入り出店するビルインタイプが主流でしたが、近年ではファミリー層などにもアプローチしやすい、郊外型のロードサイドタイプの店舗も増えてきました。

どちらの店舗形態を選ぶかでフランチャイズオーナーとして店舗をオープンさせるまでにかかる資金は異なりますが、いずれの場合でもオーナーの意向や地域性などを取り入れたフランチャイズ契約をすることが、千房フランチャイズの大きな特徴です。

フランチャイズ契約からオープンまで

千房のフランチャイズ加盟店としての出店が決まったら、本部の研修店舗でのべ60日間の研修を受けることになります。

店舗経営や計数管理といった経営に必要な知識やノウハウはもちろん、お好み焼きを作るための技術や、接客サービスといった、お好み焼き店として営業するための基本も指導してもらえます。

研修制度が充実しているので、飲食店経験のない人や法人はもちろん、初めてフランチャイズオーナーになろうという人にも向いているフランチャイズのひとつと言えるでしょう。

オープン後のサポートは

しっかり研修を受けたといっても、オープンしてみなければわからないということも多々あるでしょう。
千房のフランチャイズ契約では、開業後のサポートも充実しています。

開業日から4週間は、担当のスーパーバイザーが現地指導をおこなってくれるため、オープン直後の忙しい中でも、しっかりお店を回していく方法などを覚えることができます。

その後も月1回の店舗巡回をおこなうので、定期的なサポートが期待できるというわけです。
新商品やオススメメニューの提案といった、店舗ごとの特長を活かした営業展開をしていけるでしょう。

また、人材育成のアドバイスや店舗の中長期戦略について、法人や事業拡大を考えている場合は、多店舗展開についてもしっかりフォローしてくれるサポート体制が整っています。

千房のフランチャイズ口コミ情報